未婚者だけではなく既婚者でも意外と知らないことが多い!婚約指輪に関する情報を紹介

当サイトでは未婚者だけではなく既婚者でも意外と知らないことが多い、婚約指輪に関する情報をご紹介しています。
これを知っていれば、話のタネになりますし指輪の購入時にも役立つでしょう。
エンゲージリングのお返しに女性が贈るものは何がおすすめなのか、という疑問にもお答えしています。
エンゲージリングは結婚生活を見守るアイテムなので、お値段以上の価値があるという考え方もあります。
慎重に選んで長く大切に出来る指輪を見つけるのがおすすめです。

未婚者だけではなく既婚者でも意外と知らないことが多い!婚約指輪に関する情報を紹介

結婚する前に婚約指輪に関する情報を知っておきたい、という人は多いのではないでしょうか。
多くの男性が婚約をする際に女性へプレゼントしていて、婚約をするカップルにとっては婚約指輪は定番の品といえます。
贈る方も貰う方も何となく知っているアイテムとなっているものの、意外と知られていないことも多いのが婚約指輪であるともいえます。
しかし知らないでいると損をする可能性もあるため、これから女性に贈る指輪を選ぶのならまず情報収集がおすすめです。

婚約指輪は必ず男性から女性へ贈るルールなの?

婚約指輪は、古代ローマ時代には存在したといわれています。
婚約指輪は男性から女性に贈るものと定義されているが、もちろん女性から男性に指輪を送ってはいけないというルールは存在しません。
実際に、男性にとったアンケートからも、女性からプロポーズを受けてうれしかったという声も上がっています。
さらに、最近では草食系男子が増えてきているといった背景から、女性から男性にプロポーズを行うことは増加傾向にあります。
このような逆プロポーズを行う際に、女性から男性に指輪を渡すことが多いようです。
また、最近では男性専用の婚約指輪が販売されているショップも多くなってきているなど、これまでは男性から女性に婚約指輪を渡すことがルールであるかのように考えられてきましたが、その固定概念も覆されようとしていると感じます。
指輪は男性から渡すものであると決めつけなくても、パートナーと話し合い、両者が納得する形で結婚に至ることが出来ればよいのではないかと感じます。

婚約指輪は結婚する上で本当に必要なものなのか?

婚約指輪は結婚する上で本当に必要なものなのかと疑問を持つ人もいるかもしれません。
これは、ちょっと考えれば分かることですが当然必須ではありません。
法律上、男女が一緒になるにあたって必要なものはただ二人の間の合意のみであり、それ以外は別に婚約指輪に限らず欠かせないわけではないのです。
率直に言ってしまえば、役所に提出する婚姻届だけが唯一欠かせないということになります。
またこのようなことを言い出すと、そもそも婚約自体が無くても別に構いません。
しかし、法律上はそうであっても、およそ結婚というものは心や感情の問題も避けては通れないわけで、婚約にあたって男性から女性に指輪を贈るのは一種のけじめというか明確に形に残るもので意思表示をする意味があります。
そのため多くの女性は心の中では欲しいと思っているに違いありませんが、別に無いからと言って第三者が口を挟むようなことではありませんし、他の形で示すことにしても良いわけです。

婚約指輪が気に入らない場合は買い直ししても良いのか?

婚約指輪が気に入らない場合はどうしたら良いのか?買いなおしたほうが良いのかを具体的な対応策を紹介していきます。
婚約指輪をもらったけれども、申し訳ないけどあまりデザインが気に入らないといった痛い目に合う人もいることでしょう。
さらに気になりだすとずっと気になってしまうのが人情というものなので、ここは我慢せずに対応することが必要になってきます。
多いのは指輪のサイズが合わない、デザインが好きではないなどの場合で、多いのがサプライズでもらったものの入らなかったなどが多いように感じます。
そういった場合は、お店によっては1週間から10日の買い直し期間が設けられていることが多いようです。
例えばカルティエやブルガリのような同じデザインが沢山あるお店は、サイズ違いは交換することが可能です。
その他リフォームをする手立ても考えられます。
古くなった指輪をデザインを変えるお店がありますが、そこでリフォームしてもらうと良いのです。

婚約指輪の代わりに記念のものを贈る人が増えている

婚約指輪の代わりに記念のものを贈るような人も増えています。
そもそも結婚にあたって婚約は必須ではありませんし、仮に婚約をする場合であっても指輪が必要とどこかで決められているわけではありません。
そういう意味では婚約指輪は歴史的な慣習に過ぎないと言えます。
結婚は儀式の側面も否定できませんので慣習は重視される傾向にありますが、昨今ではそれに縛られない人も多くなっていますし、指輪ということに話を絞って言えば、結婚指輪もあるのにどうして婚約時にも同じアイテムになるのかと思う人もいます。
ある意味で重複しており、無駄とまでは言いませんがどうせなら何か別の物にしたほうがインパクトも大きく、後々まで印象に残るのではないかと考えても不思議ではありません。
このような理由から、婚約に際して何らかの品物を考えはするものの、それは指輪という形ではなくて、何か記念となるようなものを選んで贈るような人も増えつつあるのが現状です。

著者:中尾久吉

筆者プロフィール

愛知県名古屋市生まれ。
今年結婚し指輪を購入!自分の体験を基に結婚指輪について記事を書きました。
名古屋の婚約指輪はここ!